PR

ガンダム

プラモデル

後ハメ加工あれこれ ∼ HG 旧ザク(ザクI)を後ハメ加工と段落ちモールドで塗分けてみた。

手順通りに組んだ時に先にパーツを組まないといけない場合もあり、後ハメ加工ができるとマスキングせずに塗装がだいぶ楽になります。 この記事ではHG 旧ザクを作例としていくつかの後ハメ加工と段落ちモールドについて解説、紹介しています。
プラモデル

モノアイ改造でかっこいい旧ザク(ザクI)を作る ~ HGUC ザクIのモノアイを金属パーツでリアルな感じに

HG 旧ザク(ザクI)はシールを貼ってモノアイを表現していますが少々物足りない... この記事ではジオンモビルスーツの定番改造のモノアイの改造を金属パーツを使って”リアルな感じ”にする方法を紹介します。
プラモデル

フライング・アーマーの後ハメ加工でHGUC リバイブ ゼータガンダムを全塗装

HGUC リバイブ zガンダムはパーツごと色分けされてはいるものの、残念ながら背中のフライング・アーマーは黒1色。全塗装するうえでもっとも難しいパーツです。この記事では後ハメ加工で全塗装を容易にする方法を紹介します。
ガンダム

HG アッガイのモノアイを改造してみた。簡単な改造でリアルな仕上がり

ジオンのモビルスーツの定番改造といえばモノアイ、HGでもモノアイをメカ風にすると印象が激変しますよね。 アッガイのモノアイ周辺は可動や形状がよくできているので金属パーツを使ってさらに”リアルな感じ”に改造する方法を紹介します。
プラモデル

モノアイ改造でリアルな目つき、悪そうな目つきに ‐ HG ズゴックを改造してみた。100均の小物も活用。

HGズゴックのモノアイはピンクのシールを貼るだけなので少し安っぽく感じてしまうのは仕方ないところですが、モノアイを金属パーツを使って”ちょっとリアルな感じ”に改造する方法を紹介します。
プラモデル

後ハメ加工は初心者でも簡単。後ハメ加工とグラデーション塗装でSD サザビーを仕上げる。

SD SAZABIを全塗装で仕上げますが、いちばん目立つ頭部に合わせ目が発生しています。 頭部のユニットは形状が複雑だけどエアブラシで塗装したい。 という時の「後ハメ加工」について解説します。
プラモデル

HG アッガイ 改造 ”体育座り”化 ‐ 部品の脱着や余剰パーツもなし。工具があれば基本的にタダでできます。

基本的に手元にあるものだけで、しかも脱着なしでできるHGアッガイの体育座り化の改造を紹介します。 ぜひ挑戦してカワイイ体育座りポーズを鑑賞しましょう。
プラモデル

グラデーション塗装 黒立ち上げ ∼ HG ガンダムルブリス – 水星の魔女でやってみた

グラデーション塗装は陰影が強調されて全体的な印象を変えることができます。 この記事ではガンダムルブリスを作例として、充電式エアブラシを使ってグラデーション塗装について説明します。
プラモデル

HG ガンダムバルバトスのガンダムフレームを塗装して外装パーツを装着してみた。頭部の後はめ加工も。

HG バルバトスのガンダムフレームにゴールドとシルバーで部分塗装、外装パーツをメタリックで塗装しています。 頭部は細かい塗装を施すため後はめ処理をしています。 フレームはHGは共通なのでバルバトスルプスにも転用してみました。
プラモデル

HG ガンダムバルバトスのガンダムフレームを塗装してみた。

HG バルバトスのガンダムフレームを塗装しました。 黒単色のフレームのところどころにゴールドとシルバーで部分塗装をすると。。。 ガンダムフレーム単体でディスプレイしたくなるほど劇的に印象が変わりました。