グラデーション塗装 黒立ち上げに中間色をいれてHG ガンダムを仕上げてみた。

※ 当サイトにはプロモーションが含まれています

アイキャッチ画像 プラモデル

ガンダムの白って、ただの白じゃないんですね。

設定やキットごとにも違いますが、緑がかった白やグレーっぽい白など。

なお、オリジナルのRX-78ガンダムのガンダムホワイトは緑がかった白が設定色。

好みの問題ですが、個人的にグレーっぽい白か青味よりの白が重厚感がでていいんじゃないかと思っています。

個人的な好みです。

この記事では、

  • グラデーション塗装 黒立ち上げ
  • 全体の配色はオリジナルに準じて
  • 各色の塗装は黒の上に中間色を一度入れて発色をよく塗装
  • 白は青味がかった白で全体をしまった感じ、落ち着いた感じの仕上げに

また作例では

  • 水性塗料によるグラデーション塗装
  • 充電式エアブラシでの塗装

このような方針で塗装について作例と解説をしています。

 

スポンサーリンク

ガンダムの色味について(白)

この記事で使用しているキットはククルスドアン版ガンダムです。

キットの色を見てみます。

キット自体はORIGIN版の成型色違いのようですが若干緑がかった白色となっています。

RX-78ガンダムの基本色に準じていますね。

キットの白の色味の写真

ククルスドアン版のカラーガイドによると、白にグリーンも調合されています。

ククルスドアン版ガンダムのカラーガイドの写真

 

一方オリジン版のカラーガイドでは白100%となっています。

オリジン版ガンダムのカラーガイドの写真

 

白といっても赤みのある白や青みの白など様々です。

どちらかというと暖色系よりもグレーっぽい白や青系のほうが冷たいイメージがあります。

メカとして重厚感が出るんじゃないかと思い設定色とは異なった若干青っぽい白で仕上げてみようと思います。

 

個人の解釈や、自由に調色、塗装をして楽しむのもいいですよね。

 

 

製作(仮組み)

仮組みして、全体のバランスやどこをどうするなど事前に確認します。

改修個所の確認や塗装と組付け手順など完成に向けての全体像をイメージをしましょう。

仮組して全体像の写真

 

 

グラデーション塗装 黒立ち上げに中間色を

水性塗料をメインで使用しています。

ラッカー塗料に比べて水性塗料は臭いが少ないところがGoodです。

基本的には、下地(黒サフ、グレーサフ)はラッカー系のものでさっと処理し、水性塗料でじっくり塗装という流れで塗装をしています。

塗装に必要な基本工具類は別の記事にまとめています。

プラモデル製作 おすすめ工具 (塗装):これだけあれば塗装はOK! 必要な工具の紹介
塗装をすることで自分の好みの色遣いや仕上がりにすることができますので自分だけの世界に一つだけのオリジナル作品に仕上がります。この記事では塗装作業に必要な工具類をこれから塗装にチャレンジする人に向けてまとめています。

 

 

パーツを黒で塗装

黒立ち上げをするので外装パーツは黒のサーフェイサーを吹き付けます。

関節や内部パーツはメタリック系の色にしています。

サーフェイサーを塗布した写真

 

塗装にはハンディタイプのエアブラシを使用しています。

手軽に使えて音も静かなので帰宅後の夜の作業でも気にせず作業できますよ。

充電式エアブラシってどのくらい使えるの?と気になっている方、興味がある方はこちらの記事もどうぞ。

充電式エアブラシのメリット、デメリット : 塗装入門用に、スペアに、複数個持ちもおすすめ
USB充電式エアブラシを購入して試してみましたので、メリット、デメリット、感想をまとめました。初めての方でもイメージできて購入の際の参考にしていただければ幸いです。

 

 

白(青味がかった白)の塗装

先に述べた通り青味がかった白を狙って塗装していきます。

青っぽい白にしていくわけですが、今回はいったん青でグラデーションをいれます。

まず黒く塗装したパーツのエッジの黒をわずかに残して黒→青のグラデーション塗装をします。

そのあと最終的に白(青味のかかった白)にしていきます。

こうすることで黒 → 白ではなく、「黒→ 青 → 白」へと滑らかなグラデーションを目指します。

中間の青のグラデーションをいれた写真

 

青のグラデーションをいれたら続いて白の塗装をしていきます。

ここでポイント

水性塗料の場合は塗料の乾燥時間がラッカー塗料より長いので、できれば一晩ほど開けて次の色の塗装に取り掛かるのをお勧めします。

もし塗膜が厚くなってしまった場合に乾燥が不十分だと上に乗せた色と少なからず混ざってしまうことを避けるためです。

不要パーツにも塗装しておいて、それが乾燥したか確かめてから次の塗装に取り掛かるなどすると安心ですね。

 

白の調色ですが、白にほんのわずか青を足しました。

青を足す量は、白の塗料1ビンに対して1滴の青でも多すぎるくらいの感じで、ごくごくわずかの青を足してみました。

そして白のパーツを塗装していきます。

白のパーツを塗装した写真

エッジがわかる程度のうっすらグラデーションになるように塗装しています。

 

 

赤の塗装

黒の上に赤を塗装しても赤の発色がいまいち出ません。

何度も塗装を繰り返しても発色はいまいち、、、そして塗膜がどんどん厚くなっていってしまいます。

そこで中間色として茶色で塗装します。

茶色の上に塗装することで黒の上に塗装するより断然狙った赤にすることができます。

また、段階を置くことで黒→赤ではなく、黒→茶→赤へと滑らかなグラデーションを目指します。

まず茶色でグラデーションをいれます。

茶色の塗装をした写真

次に赤で塗装をします。

茶色の上に赤の塗装をした写真

黒やグレーサフで加工部分の確認や全体の仕上がりを見た後に、そのまま赤を塗装するよりも茶色→ 赤と塗ることで赤の発色がよくなります。

 

この方法は、グラデーション塗装をするときでなくても、赤をベタ塗りする際にも使える有効な方法です。

 

 

 

青の塗装

青のパーツの塗装は、白のパーツに中間色の青を塗装するときと同じ青でまとめて塗装してしまいます。

そしてその上に中間の青よりも若干あかるい青を塗装しました。

こうすることで、中間の青を塗る作業(塗料を調色したり)が簡素化できますね。

青のパーツを塗装している写真

 

 

中間色で使用した青の残りの塗料にわずかに白を足して少し明るい青をつくって塗装しました。

この時に白を足しすぎると、急に明るい青になってしまうのでほとんどわからないくらいの調色をしましょう。

 

個人的な思いですが、白いモビルスーツとよく言われますが、「青」のイメージもあります。

とはいえ、青のパーツって上半身しかないんですよね...

やっぱり白いモビルスーツなんですね(笑)

 

 

黄の塗装

黄色の塗装は特に色の発色が出ない塗装と言われています。

グラデーションを考えたときには

黒→オレンジ→部分的(中央部)に白→ 白を隠すように黄色

という手順がいいと思いますが、塗装の回数も増えてしまって面倒なので今回は

黒→オレンジ→ 黄色

の手順で塗装しました。

 

まず黒の上にオレンジでグラデーションをいれます。

黒の上にオレンジを塗装した写真

 

次に黄色を塗装します。

黄色を塗装した写真

黄色には白を足しています。

白は隠ぺい力が高いので黄色に足すことで下地を隠ぺいする効果があります。

 

 

黒メタリックの塗装

メタリックで塗装したいパーツは、下地の塗装でその色そのまま使ってしまっています。

黒系メタリックであれば隠ぺい力も十分だと思います。

黒系の塗装とアクセントをつけた写真

下地塗装のままその上にシルバーなどで部分的にアクセントをつけるだけでも情報量が増えていいでしょう。

 

 

塗装のコツ

エアブラシで狙ったところに塗布する

グラデーション塗装は細かな場所を狙って適量を吹き付ける作業になるのでエアブラシの操作が難しいですよね。

そこでコツとしては、

離れたところから適量の塗料をふきながら、そのままぐるぐると回しながら狙った場所に近づけて塗布、

こんなイメージで作業してみてはどうでしょうか。

図解を含めて別の記事にコツをまとめていますのでこちらからご覧ください。

グラデーション塗装 黒立ち上げ ∼ HG ガンダムルブリス - 水星の魔女でやってみた
グラデーション塗装は陰影が強調されて全体的な印象を変えることができます。この記事ではガンダムルブリスを作例として、充電式エアブラシを使ってグラデーション塗装について説明します。

 

 

やすりがけ

このキットの製作では、やすりがけは600番まで使用しています。

一般的に荒い番手から→ 800→1000番程度まで順番に磨き上げたりしていると思います。

最終的に艶消しコートで仕上げるケースが多いのですが、艶消しの場合はペーパーやすりで600番程度でもそれほど気にならないかなと思っています。

その際に、おすすめするのがペーパーやすりの当て板です。

このキットの製作でも使用していますが面やエッジがきれいにできるのでお勧めです。

プラモデルの面だしに。ペーパーヤスリの当て板 ”チョップレート” ∼ やすり作業が心地よい
やすりがけの作業にはいろいろ思いがあると思いますが、ペーパーヤスリの当て板”チョップレート”を実際に使用してその使い心地や作業性、仕上がりについて紹介しています。

 

何度も重ね塗りをするので細かな傷は結構見えなくなったりしますね。

 

艶消しで仕上げる場合は僕はほぼ600番、やっても800番までで仕上がりに満足しています。

もしつるつるな表面が良ければ番手の高いやすりで仕上げてください。

 

 

仕上げ

それではデカールとトップコートで仕上げです。

部品の全体写真

 

デカール

全体のバランスを見ながらデカールを自由に貼っていきましょう。

デカールは水でびしゃびしゃにしなくても台紙の裏から水分を吸収することでデカールののりが流れ出さずに貼ることができるようになります。

水分を含ませたスポンジの上にデカールを放置すると台紙にちょうどよい水分が吸収されのりが溶けてデカールを貼ることができます。


合わせてマークセッターや、必要に応じてマークソフターを使ってデカールを貼っていきましょう。

 

水性塗料で塗装した場合はこれらの溶剤が塗膜を傷めやすいです。

手早い作業で残った水分の拭き取りまで行うのがきれいに仕上げるポイントです。

 

 

トップコート

最後にトップコートをして完成です。

水性塗料で塗装した場合には、水性塗料に使えるトップコートを使用しましょう。

なお、艶消しコートはそのまま塗布すると濃度が高くてエアブラシによっては圧が足りないかもしれません。

その時は少々希釈して使用しましょう。

 

希釈には専用の薄め液で希釈しましょうね。

 

 

作例

全体的に薄めのグラデーションに仕上げています。

白といってもいろいろな白があります。

寒色系の白の色合いにしてみたことで全体の雰囲気も変わってきますね。

完成した作例の写真

 

 

黒立ち上げに中間色をいれてHGガンダムを仕上げてみたのまとめ

黒立ち上げの時には黒から立ち上げていくので黒の上に色を乗せていくことになります。

色によってなかなか思った色が出せないことがありますが、中間色をいれることで思った色に近い表現が出せるのではないでしょうか。

作例ではうっすらとグラデーションををいれて仕上げていますが、もっと濃いグラデーションで仕上げるとより効果(色の差)がわかりやすいと思います。

 

また、作例は充電式エアブラシと水性塗料の組み合わせです。

ラッカー系塗料でエアブラシ塗装が塗装の王道というイメージが(個人的には)強いですが、「水性塗料」と「充電式エアブラシ」でも塗装が楽しめます。

これからエアブラシに挑戦してみたいけどハンディタイプでどのくらい塗装ってできるの?と思っている方もいるとおもいますが別の記事にレビューをまとめています。

充電式エアブラシのメリット、デメリット : 塗装入門用に、スペアに、複数個持ちもおすすめ
USB充電式エアブラシを購入して試してみましたので、メリット、デメリット、感想をまとめました。初めての方でもイメージできて購入の際の参考にしていただければ幸いです。

 

本記事が充電式エアブラシでの塗装の具合や水性塗料を使用したグラデーション塗装の参考となればうれしいです。

難しそうでもやってみると思いのほかうまくできてしまうと思うのでグラデーション塗装に興味があればぜひチャレンジしてみてはどうでしょうか。

初めてでもうっすら陰影さえつけられればグラデーションぽく見えますよ。

コメント|Comment

タイトルとURLをコピーしました